Case Studies

Tableau事例研究

Tableauの実装は単なるコンピュータ・ソフトウェアの導入ではありません。この強力なツールをテコにして、データ分析の文化を組織に定着化させるという「文化実装」であると言えます。それでは文化とはどういったことでしょうか。それはその文化圏にいる人たちの思考様式と行動様式であると思われます。そして、あらたに文化を実装するとは、それらの様式を変更することに他なりません。そして、ある人に長年の間に染みついた習慣を変えることほど、難しいことはありません。したがって、Tableauの導入の成否は、いかに巧みに文化実装を成し遂げて、長年の習慣、思考・行動様式を変えれたかどうかにかかってきます。

その意味では、本ページにあるケーススタディは有用な資料になるでしょう。

工場における製造装置の見える化に関して、Tableauとそれ以外のBIとの社内競合の葛藤を描いたケーススタディです。サンプルデータ付きのハンズオンが3つ付いています。本文が100円、ハンズオン(3)ガントチャートが480円です。特にガントチャートによる視覚化は、機械の稼働履歴を直感的に把握できるようになるため、製造業のみならず、多くの業界でも重宝する技術と思われます。

ハンズオン

1)工場レイアウトマッピング

2)機械のシグナル履歴表

3)機械ステータスのガントチャート